家事・家計を考える
vol.7 お得に使える冷凍テク。

ご夫婦二人暮らしでは、買ってきた食材も余りがち。冷蔵庫の中でダメにしてしまうことも多いのではないでしょうか。そこで、食材を美味しくムダなく保存できる冷凍テクニックをご紹介します。

食品冷凍の3つの基本ルール。


食品の保存などに便利な冷凍ですが、右のような間違った使い方をしていませんか? 次のルールを守って正しく冷凍すれば、買ってきた状態を長く保存することができます。

●水分を拭う
余分な水分が付いていると霜が付きやすくなるため、キッチンペーパー等で水気をしっかり拭いましょう。

●空気を抜く
食材が空気に触れると酸化が始まり、鮮度や風味が落ちやすくなるため、できるだけ空気に触れないようパックしましょう。

●すばやく冷凍
内部まで速く凍らせると、食材の美味しさがキープできます。熱いモノは冷まし、厚いものは薄く延ばすなどの工夫をしましょう。

これが、3つの冷凍基本ルール。では、次からは具体的な冷凍テクニックをご紹介しましょう。

1回に使う分だけ、小分けにする。


あらかじめ1回分ずつ小分けして保存袋などで冷凍すれば、その都度使う分だけ解凍できて便利。再冷凍の手間もありません。

●写真上左:ひき肉は、カレーのルー同様に1回分ずつ折れるよう筋を付けておく。
●写真上右:肉は、1回分ずつラップで小分け。
●写真中左:魚は、1切れずつラップ。
●写真中右:ご飯は、1食分ずつラップ。
●写真下左:うどん・パスタ・マカロニなどは、茹でてから1食分ずつ保存袋へ。
●写真下右:食パンは、1枚ずつ。焼いてからアルミホイルに包んで冷凍すれば、食べる際にそのままオーブントースターで素早く温められます。

すぐにつかえる状態で保存。


たとえば、ハムは千切りにしてから金属トレーに広げて、軽く凍らせてから袋に入れれば、くっつくことなく使う分だけ取り出せます。

●写真上:ハムやピザ用チーズは、バラバラに冷凍してから袋へ。
●写真中:ネギ、ミョウガなどの薬味は、刻んでから密閉容器に詰めて冷凍。容器から、使う分だけ取り出せて便利です。
●写真下:ブロッコリーは、茹でてから小ぶさに分けて袋へ。その際、ストローなどで袋内の空気を吸い出し、密封に近い状態にしておくと鮮度が保てます。

冷凍がむずかしい食材もひと工夫で美味しく!


汁物や果物など、冷凍はむずかしいと思いがちな食材も、工夫次第で美味しく冷凍。

●写真上:卵は溶いてから袋へ。余った出汁やスープは、製氷皿でキューブ状に凍らせてから袋で保存すれば、微妙な味の調整の際などに1個ずつ使えて便利。
●写真中:そのまま冷凍するとスが入る大根も、おろして製氷皿で凍らせてから保存すれば、風味が長期間キープできます。山芋も同様。
●写真下:果物などは、砂糖やハチミツをまぶしてから冷凍すると、表面の傷みや変色が防げます。

冷凍で家事時短&美味アップ!


保存だけでなく、調理時間が短縮できたり旨味をアップできる冷凍ワザをご紹介!

●写真上左:肉は下味をつけてから冷凍すると、やわらかくなります。
●写真上右:トマトを丸ごと冷凍した後で解凍すれば、皮がツルリと剥けて、湯むきの手間なし。
●写真中左:タマネギはスライスして凍らせてそのまま炒めれば、あめ色仕上げも素早くできます。
●写真中右:冷凍することでキノコに含まれるグアニル酸が増え、旨味がアップ。同様に、シジミも旨味成分であるオルニチンが増えます。
●写真下左:小松菜は、洗って水をよく切り、食べやすいサイズに切って生のまま冷凍。解凍すれば、そのままお浸しとして食べられます。
●写真下右:アスパラやほうれん草などは、10~30秒下茹でしてから冷凍しておくと、ビタミンの減少や色褪せが防げます。

さらにひと工夫の冷凍裏ワザ。


新食感の卵がけご飯や手作り高野豆腐など、楽しみながら挑戦できる裏ワザをご紹介!

●写真上:卵を丸ごと冷凍してから解凍すると、白身は元通りになるのに黄身は固まったまま。ご飯にかければ、夏の朝におすすめのひんやり卵かけご飯の完成です(卵は、殻ごと冷凍するとヒビが入りますが、そのままでOK。冷蔵庫から出して自然解凍し、そのまま召し上がれます)。
●写真中上:豆腐の上に重しをして20分ほど水を切り、薄くカットして凍らせ、保存袋へ。解凍すると、スポンジ状の高野豆腐のような食感になり、味がしみ込みやすくなって煮物などにも最適です。
●写真中下:冷凍したパンをおろし金でおろせば、パン粉の完成。必要な分だけ作れて、便利です。
●写真下:果物は冷凍すると甘さを感じにくくなるため、ハチミツ漬けなどにしておくと甘味もアップ。果実100%の本物シャーベットが完成。

「シングルミックスな暮らし」のための情報集めを!

住まいを考える

快適な暮らしを送るために、まず検討しておきたい「住まい」。夫婦のほどよいつながり感とお互いの自立を融合させるベストな間取りなどを考えます。
 

くわしくはこちら

趣味・旅行を考える

ご夫婦のミックスな時間を、またシングルそれぞれの気楽な時間を楽しむ趣味や旅行。自分に合った趣味の見つけ方から二人で出かけたい旅のスタイルやプランの立て方などを考えます。

くわしくはこちら
関連情報

「シングルミックス」が
よくわかる本

「シングルミックス」というライフスタイルがより深くご理解いただける右の「本」をご用意しました。
関連リンク
ページTOP