家事・家計を考える
vol.8 梅雨~夏場のカビ・ダニ対策。

湿気の多い季節の悩みごとといえば、健康にも悪影響を与えるカビやダニ。発生や繁殖を防ぐための注意点や、見つけたときの有効な対処法をご紹介します。

カビ・ダニの特性を知ることが第一。


湿気を好むカビやダニは、梅雨~夏場に多く発生・繁殖します。ダスキン開発研究所による調査でも、「毎日お掃除している」というご家庭のホコリ1g中にもダニ1,000匹、カビ胞子13万個がいたという報告が。
こうしたカビの胞子やダニのフン・死骸はアレルゲンになることもあり、特にアレルギーのある方や免疫力の弱い高齢者や小さなお子様がいらっしゃるご家庭では注意が必要です。
このアレルゲンを減らすためには、それぞれの特性を知り(右図参照)、繁殖しにくい環境に整えることが大切になります。

ダニ・カビの発生・繁殖を防ぐには。


押し入れに最適な新聞すだれ。
新聞紙を丸めて両端をセロハンテープで
留めた棒を作り、両端を紐で結べば完成。

カビやダニが増えるには、湿気とエサが必要。逆にいえば、それを除去してしまえば増殖が防げるということになります。では、そのために有効な方策とは……。

●湿度を下げる
湿度が高い日は除湿するなどして、室内の湿度を50%以下に保ちます。また、湿気がこもりやすい浴室や押し入れなどは、以下の方法で対策を。
・浴室は、使い終えたら換気扇で換気を。その際、浴室内の温度が高いままだとカビが発生しやすいので、浴室内全体に冷水シャワーをかけて温度を下げ、その後水気を拭き取ってから換気扇を回すようにします。
・湿気が溜まりやすい押し入れには、新聞すだれを設置(上図参照)。こちらは、湿ってしまっても天日干しすれば吸湿力が回復するので繰り返し使えます。
・下駄箱には、新聞紙を敷いておきます。
・布団や枕、クッション、ぬいぐるみなどは、表裏各1時間の天日干しで湿気対策。

●エサを断つ。
浴室や寝具、カーペットなどカビ・ダニの発生・繁殖しやすい場所は、念入りなお掃除でエサになるものを断ってしまえば、繁殖しにくい環境に整えられます。
・浴室は、使い終えたら、皮脂や石けんカスなどをシャワーで洗い流しておきます。
・フケが付着しやすい枕カバーやシーツは、こまめに洗濯します。
・ソファやカーペットには念入りに掃除機をかけ、ダニのエサを徹底除去。
・エアコンは、使い終わったら2時間ほど送風運転をして、内部を乾燥させておきましょう。

念入りなお掃除で、徹底除去。


ダニ・カビが発生・繁殖してしまったら、できるだけ早めに徹底的に除去しておきましょう。また、発生・繁殖しやすい場所は、常日頃からていねいなお掃除お手入れを心がけましょう。

●カビが発生したら。
・浴室のカビ掃除には、塩素系カビ取り剤が効果的。浴室目地のガンコなカビには、トイレットペーパーで作ったこよりにカビ取り剤を付けて湿布し、10分ほど放置するのがコツです(右写真上参照)。ただし、こちらは酸素系洗剤と混ざると有毒ガスを発生させる危険があるため、両方の洗剤を同時、また使用直後に重ねて使用しないよう。また、髪や手、皮膚、目などに入らぬよう、三角巾やマスク、ゴーグル、ゴム手袋を着用して使用してください。
・キッチンの三角コーナーや排水口は、部品を外し、台所用塩素系漂白剤に浸けおきを。シンク下や冷蔵庫内は、薄めた漂白剤に浸した雑巾を硬く絞って拭き取ります。
・家具の裏や壁、押し入れのカビは、消毒用アルコールをしみ込ませた布で拭き取った後、扇風機などで風を送り、しっかり乾燥させます。
・エアコンは、外せる部品はすべて外して丸洗いし、外せない部分は台所用漂白剤に浸した雑巾を硬く絞って拭きます。手が届かない奥のカビは、専門業者に依頼を。

●ダニの潜む場所をていねいに掃除!
・掃除機がけは、排気でダニの死骸・フンを空中に舞い上げないよう注意しながら、1㎡の広さにつき20秒間を目安にしっかり吸引。寝室は毎日、それ以外は3日に1回、ソファやベッドなどの家具・ぬいぐるみ・クッションなどは1週間に1回の割合で、この念入りな掃除機がけをすると効果的です。畳は目に沿ってゆっくりとかけましょう(写真上参照)。
・畳やカーペットは、定期的に天日干しを。干す場所がない場合は、持ち上げて缶などで支え、下に風を通すだけでも効果的です。
・ベッドマットやボード、ベッドパッドも念入りに掃除機がけを。シーツや枕カバーなどの薄手のものは、こまめに洗濯することでダニを一掃できます。
・布団は、50℃以上の高温になる布団乾燥機のダニ退治モードを表面と裏面の両方にかけてダニを除去したら、掃除機で死骸をしっかり吸引しておきましょう。

「シングルミックスな暮らし」のための情報集めを!

住まいを考える

快適な暮らしを送るために、まず検討しておきたい「住まい」。夫婦のほどよいつながり感とお互いの自立を融合させるベストな間取りなどを考えます。
 

くわしくはこちら

趣味・旅行を考える

ご夫婦のミックスな時間を、またシングルそれぞれの気楽な時間を楽しむ趣味や旅行。自分に合った趣味の見つけ方から二人で出かけたい旅のスタイルやプランの立て方などを考えます。

くわしくはこちら
関連情報

「シングルミックス」が
よくわかる本

「シングルミックス」というライフスタイルがより深くご理解いただける右の「本」をご用意しました。
関連リンク
ページTOP