住まいを考える
実例レポート リフォーム
CASE 1 将来も安心安全、大切な家具も
引き立つ明るく開放的な住まいに!
神奈川県・H様ご夫妻(70代・60代)
この住まいのシングルミックスポイント

9つのシングルミックスポイントの詳細はこちらからご覧いただけます

この住まいの間取り図はこちらからご覧いただけます。

リフォームポイント

●和室を洋室に変え、ご夫婦のミックススペースを拡張
●車椅子での生活も視野に入れ、家中バリアフリーに
●クラシック家具が引き立つよう、内装は白を基調に

①和室をなくして造った、ゆとりのLDK

「夫婦二人でいつまでも快適に暮らしていけるよう、安心安全な住環境に整えておこうと考えたんです」(ご主人)
そこで、1階を間取りから見直して大改装。「物置状態」だった和室は洋室に変え、リビングとの間には開閉自在な間仕切り建具を設置。当分の間は開放することでゆったりした空間を楽しみ、ゆくゆくは建具で仕切って寝室にできるよう工夫されました。
「和室は暗い印象を何とかしたかったし、洋室のほうがお掃除もラクですから」(奥様)
また、年月をかけて集められ使い込まれたたくさんのクラシック家具も、今度はゆったりと置けるようになったと、奥様も笑顔です。 

②新たなミックススペースが誕生

暗い印象だったという和室を生まれ変わらせた明るい空間には、パーソナルチェアを置き、ご夫婦でお庭を眺めながらお茶を楽しまれています。将来は、ここを寝室に。

③引き戸を閉めれば、独立した空間に

4枚の白い引き戸を閉めれば、2つの空間に分離することができます。床は、段差にならないよう、下レールのない「吊り引き戸」を採用されました。

④仕切りをなくしたサニタリー

車椅子生活や介助を視野に入れ、トイレと洗面脱衣室をゆったりしたワンルームに。また、掃除がしやすいよう、腰壁パネルを設置。「ここは雰囲気を変え、内装を濃い色にしました」(奥様)

⑤奥様念願の対面キッチン

キッチンは、淡いピンク色の収納扉でやさしい雰囲気に。「将来、二人のどちらかが具合が悪くなり寝室で休んでいても、ここから顔が見えるし、声も聞こえるので安心です」(奥様)

「シングルミックスな暮らし」のための情報集めを!

家事・家計を考える

ご夫婦で過ごされる楽しみも共有していくためには、家事の分担や家の管理が大切になってきます。そんな日常のポイントとノウハウについて考えます。
 

くわしくはこちら

趣味・旅行を考える

ご夫婦のミックスな時間を、またシングルそれぞれの気楽な時間を楽しむ趣味や旅行。自分に合った趣味の見つけ方から二人で出かけたい旅のスタイルやプランの立て方などを考えます。

くわしくはこちら
ページTOP