趣味・旅行
vol.7 趣味と実益を兼ね、男の料理教室へ。

「食べるのが好きなので、定年後は料理を趣味にしたい」「将来の自立に備え、料理を覚えたい」という男性が増えています。でも、「包丁を握ったこともない」「教室は、女性ばかりでは」などの不安から、一歩踏み出せない方も多いはず。そんな皆さんのため、「男性も通える料理教室」をご紹介しましょう。
※以下の入会金等の金額は2014年1月現在のもので、4月以降の消費税増税により変更になる可能性があります。

全国展開の大手料理教室も、男性クラスを新設!


全国各地に教室を展開するクッキングスクールでも、男性向けクラスの新設ラッシュが続いています!

■ベターホームのお料理教室
「お料理はじめての会・男性クラス」
【会場】北海道、宮城、埼玉、千葉、東京、神奈川、愛知、京都、大阪、兵庫、福岡など。
【期間】月1回1年間(5月~翌年4月)
【受講料】入会金2,160円、会費半年分22,520円
【特徴】生徒は男性だけで、肉じゃがやイタリアン、中華などのメニューを作り、楽しく試食できます。
【そのほか】「和食基本技術の会・男性クラス」のほか、まずは試してみたいという方向けの「体験教室 男性クラス」(1回1,000円)もあり。

■ABCクッキングスタジオ
「男性も通えるスタジオ」
【会場】北海道、栃木、茨城、埼玉、千葉、東京、神奈川、静岡、愛知、福井、奈良、京都、大阪、兵庫、広島、山口、福岡、佐賀、鹿児島など。
【期間】コースにより異なる。
【受講料】入会金12,600円、受講料は、コースにより異なる(月謝制の場合は月1回で4,620円)
【特徴】料理好きな男性に向け、「男性も通えるスタジオ」をスタート。徐々に拡大し、2014年4月からは全国のスタジオに「男性も通えるスタジオ」を開設。コースは、定番料理やパン、お菓子など各種あり。まずは、1回500円の体験レッスンに参加を。

お住まいの地域の料理教室にも注目を!


地域限定になりますが、企業主催や個人の料理教室などでも男性向け教室を開催しています。お住まいの地域で探してみるのもおすすめです。

■男子厨房に入ろう会
【会場】東京
【期間】月1回
【受講料】入会金3,000円、年会費12,000円
【特徴】食を愛する男性や会の趣旨に賛同する女性が集い、会員のボランティアで運営されている集まり。月1回の例会では、一流シェフや料理研究家を招き、楽しく料理を学ぶことができる。
【そのほか】食べ歩きや日本酒を楽しむ会、また料理合宿などのイベントも充実。「仙台男子厨房に入ろう会」もあり。

■東京ガス料理教室
「男だけの厨房」
【会場】埼玉、千葉、東京、神奈川
【期間】月1回3ヶ月間
【受講料】入会金無料、3回分7,500円ほか
【特徴】料理に初めて挑戦する男性を対象に、包丁の使い方から食材の扱い方、調味料の扱いなどをわかりやすくレクチャー。

■メンズ・キッチンスタイルYOKO
「男子料理教室」
【会場】東京(溝の口)
【期間】月1回
【受講料】入会金無料、1回4,000円
【特徴】テレビ等でも活躍のフードコーディネーター・福本陽子さんが主催する、20~60代までの男性を対象としたアットホームな料理教室。日常の料理からおもてなしメニューまで、基本を学んで楽しく試食。

■男の料理倶楽部 DANSHAKU(だんしゃく)
【会場】滋賀、京都、大阪
【期間】月2回
【受講料】入会金12,600円、受講料は、コースにより異なる(家庭料理コースの場合は、全12回56,700円ほか)
【特徴】家庭料理を中心に、下ごしらえから仕上げまでのすべてが楽しく学べる。月2回の自由予約制で、都合のいい時間と会場を選んで受講できる。

ご自宅で習える料理教室もあります!

「料理は習いたいけど、近くに教室がない」「わざわざ通うのは億劫」……そんな方には、自宅で学べる教室もあります。たとえば、夕食食材宅配サービス会社ヨシケイの「ヨシケイクッキング倶楽部」では、毎週木曜日に2名分の食材と、それを使って作る料理のレシピをわかりやすく書いた冊子を配達。質問や疑問があれば電話で聞くこともでき、自宅にいながらにして料理を学ぶことができます。また、「大人の家庭教師トライ」では、自宅キッチンに先生を招いて、基本料理からおもてなし料理、またお菓子など希望に沿ったクッキングレッスンを受けることができます。

「シングルミックスな暮らし」のための情報集めを!

住まいを考える

快適な暮らしを送るために、まず検討しておきたい「住まい」。夫婦のほどよいつながり感とお互いの自立を融合させるベストな間取りなどを考えます。
 

くわしくはこちら

家事・家計を考える

ご夫婦で過ごされる楽しみも共有していくためには、家事の分担や家の管理が大切になってきます。そんな日常のポイントとノウハウについて考えます。
 

くわしくはこちら
関連情報

「シングルミックス」が
よくわかる本

「シングルミックス」というライフスタイルがより深くご理解いただける右の「本」をご用意しました。
関連リンク
ページTOP