趣味・旅行
vol.8 孫旅に出かけよう!

最近は、お孫さんとあちこちに出かけられるアクティブシニアが増加中とのこと。その流れを受け、各旅行会社、宿泊施設などからも「孫旅」企画が続々登場。さあ皆さんも、お孫さんとの旅に出かけてみませんか?

「孫旅」の魅力とは?


お孫さんたちと離れて暮らしている祖父母にとっては、お子様ご一家の帰省はとても楽しみなイベント。でも、そのための掃除や食事の世話など家事の負担も増えてしまいます。そこで人気を集めているのが、帰省を親子三世代いっしょの旅にしてしまう「親子孫旅」企画。これなら、祖父母も雑用に追われることなく存分にお孫さんたちと触れ合え、お子様ご夫婦も子どもの世話から解放され、のんびりくつろぐことができます。
また、お孫さんと旅するシニア層は「孫の面倒をみる」というより、お孫さんの喜ぶ顔を見ることで自らも喜びを感じているよう。一方、お孫さんにとっても、祖父母といっしょに過ごすことでさまざまなことが学べたりするほか、親に依存しない独立心を養うきっかけにもなるようです。

こうしたニーズを受け、各旅行会社や宿泊施設などからは祖父母+孫の「孫旅」や、子ども夫婦を加えた「親子孫旅」プランが続々登場してきています。

祖父母と孫がいっしょに楽しめるプリンスホテルの「孫旅」プラン


プリンスホテルズ&リゾーツでは、各地に展開するホテルそれぞれに特長のある「孫旅」プランを提案。たとえば川奈ホテルではプールに縁日、カブト虫捕り、グランドプリンスホテル京都では野菜の収穫、軽井沢プリンスホテルでは昆虫採集や森の工作体験が祖父母、お孫さんいっしょに楽しめるなど、さまざまなメニューが充実しています。

予算別に旅行が選べる「親子孫旅」プランが好評

JTBの通販専用ブランド「旅物語」では、50~70代のアクティブシニアに向け、三世代で出かけられる「親子孫旅」プランを企画。2013年夏に販売を開始したところ予想以上の反響で、2014年夏にはコース数を倍以上に拡充。1名あたりの予算別に旅先と滞在日数を選ぶことができるなど、使い勝手も良いと好評です。

「孫旅」応援企画を打ち出す自治体も登場!


祖父母、お子様ご夫婦、お孫さんのいずれの世代にも満足していただける観光地を目指す沖縄県では、2013年に「親子孫たび うとぅいむち宣言」キャンペーンをスタート。「うとぅいむち」とは、大切なお客様をお迎えする際に用いられる言葉で、県内の宿泊施設で各世代に向けたさまざまなおもてなしを提供しています。
また富山市の生涯学習課では、市内の動物園、博物館、テーマパークなどを祖父母とお孫さん、ひ孫さんがいっしょに訪れると、入園料・観覧料が無料になる「孫とお出かけ支援事業」を実施。年齢や居住地などの条件はないので、旅行者も歓迎してもらえます。

「シングルミックスな暮らし」のための情報集めを!

住まいを考える

快適な暮らしを送るために、まず検討しておきたい「住まい」。夫婦のほどよいつながり感とお互いの自立を融合させるベストな間取りなどを考えます。
 

くわしくはこちら

家事・家計を考える

ご夫婦で過ごされる楽しみも共有していくためには、家事の分担や家の管理が大切になってきます。そんな日常のポイントとノウハウについて考えます。
 

くわしくはこちら
関連情報

「シングルミックス」が
よくわかる本

「シングルミックス」というライフスタイルがより深くご理解いただける右の「本」をご用意しました。
関連リンク
ページTOP