趣味・旅行
vol.11 シニア世代の趣味探し。

リタイア後の理想は、悠々自適の趣味三昧!?


「リタイア後の有り余る時間をどうしよう?」……特に、仕事一筋で過ごされてきた男性陣には、こんな不安を感じられている方も多いはず。そこで、たっぷりある時間を自分なりに愉しめる「趣味」を見つける方法について探ってみました。

シニア世代の趣味に関する意識調査をチェック!


シニア世代は、趣味についてどのような意識をお持ちなのでしょう。各種調査データから探ってみました。

●「ADK生活者総合調査2012」
(2012年5月・アサツー・ディ・ケイ調べ)
【日頃行っている趣味・スポーツは?】
右参照。

●「シニアの生活意識調査」
(2013年9月・ソニー生命調べ)
【今後の生活で優先的にお金と時間を費やしたいのは?】
(複数回答)
 1位 旅行などの趣味(63.6%)
 2位 パートナーとの絆づくり(51.9%)
 3位 健康増進・アンチエイジング(46.7%) ほか

【今後の人生を豊かにする生きがいややる気の源は?】
(複数回答)
 1位 旅行などの趣味(61.1%)
 2位 パートナー(43.9%)
 3位 子ども・孫(43.3%)
 ※そのほか「夢・志」(27.3%)、「新たな経験・学び」(21.3%) など

●「シニア層の健康・生活意識調査」
(2013年4月・サントリー調べ)
【現在持っている趣味の数は?】
 平均/6.5個(内訳:50代/5.8個・60代/6.7個・70代/7.3個)

興味を持ったら、何でも挑戦してみよう。


こうした調査データからもわかるように、シニア世代の「趣味」への意識はとても高く、自分に合う趣味を見つけることイコール、セカンドライフを充実させる条件と考えられている傾向があるようです。とは言っても、自分に合う趣味がなかなか見つけられないという方が多いのも事実。だったら、まずは一歩踏み出してみましょう。何にでも挑戦してみて、その中から継続できそうなものを選んでいってもいいし、あるいは昔取った杵柄で以前やっていたスポーツなどを再開させるのも良し、または憧れていたことに新たにチャレンジしてみるのもいい。最近では、地域で行う費用も割安なシニア向け趣味講座やサークル活動なども活発になってきているので、一度参加してみるのもおすすめです。

シニア向けサイトで探すのもおすすめ。

でも、見知らぬ人と対面したり会話するのはどうも……という方の場合は、たとえばシニア向けのSNS(ソーシャルネットワーキングサービス)を通して同世代とまずは交流し、そこから趣味を見つけていくという方法もあります。また、インターネットの通信教育講座やカルチャースクールのサイトをチェックしながら探すのもおすすめです。

「交流」ができるサイト
●趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)/DeNA
旅行をはじめとする趣味や興味があることについて書き込んだりイベントを開催したりと、さまざまな人と交流することができる大人のためのSNSサイト。

●らくらくコミュニティ/富士通
富士通製「らくらくスマートフォン2」から直接アクセスでき、共通の趣味や話題を通じてシニア世代同士で交流できるSNSサイト。写真コンテストなどのイベントも満載。

●Slownet(スローネット)/日本テレネット
デジカメ講座やパソコン講座をはじめとした「学び」と、サークルやブログといったSNSを利用した「出会い」の場を提供し、シニア世代のセカンドライフを応援するサイト。

●ハピスロ世代/アトムブラザーズ音楽出版
ハッピー&スローに人生を楽しむエイジング世代のための交流サイト。毎日を、元気にいつもよりちょっと楽しくしてくれる暮らしの情報を満載! 友達作りや趣味探しにも活用できる。

「通信教育」や「カルチャースクール」サイト
●生涯学習のユーキャン
通信教育の最大手であるユーキャンのホームページ。セカンドライフを充実させる資格や実用講座のほか、趣味講座も多彩。心理テストでわかるピッタリ講座診断も。

●朝日カルチャーセンター/朝日JTB・交流文化塾
札幌から福岡まで全国に13教室を展開。教養・語学・趣味・実益・健康などの各講座のほか、アウトドアや旅行を楽しみながら学ぶ講座も充実。

「シングルミックスな暮らし」のための情報集めを!

住まいを考える

快適な暮らしを送るために、まず検討しておきたい「住まい」。夫婦のほどよいつながり感とお互いの自立を融合させるベストな間取りなどを考えます。
 

くわしくはこちら

家事・家計を考える

ご夫婦で過ごされる楽しみも共有していくためには、家事の分担や家の管理が大切になってきます。そんな日常のポイントとノウハウについて考えます。
 

くわしくはこちら
関連情報

「シングルミックス」が
よくわかる本

「シングルミックス」というライフスタイルがより深くご理解いただける右の「本」をご用意しました。
関連リンク
ページTOP