趣味・旅行
vol.1 最新デジカメ事情~ミラーレス一眼の魅力~

デジカメの進化により、性別・年代を問わず急増中のアマチュアカメラマン。そんな方たちの注目を集めているのが、デジタル一眼。レンズ交換などでプロ並みの撮影ができる本格的デジタルカメラです。
そんなカメラを選ぶポイント、なかでも最近注目度、人気ともに急上昇中の「ミラーレス一眼」について、その魅力とポイントを探ってみます。

まずは知っておきたい、デジタルカメラの3つの種類

一般的にデジカメと言うと、コンパクトデジタルカメラ、通称「コンデジ」と呼ばれるタイプを思い浮かべられる方が多いはず。それに対し、「デジタル一眼レフ」は被写体やイメージに合わせてレンズを使い分けながら、本格的な撮影に挑戦できるデジタルカメラのことで、「デジイチ」または「一眼レフ」とも呼ばれます。
なかでも最近注目を集めているのが、「ミラーレス一眼」。コンパクトなボディなのにレンズ交換ができるという、コンデジとデジイチのいいとこ取りのカメラで、こちらは「ミラーレス」「デジタル一眼」「コンパクト一眼」などとも呼ばれます。また、オリンパスとパナソニックが共同開発したマイクロフォーサーズ規格というマウント(レンズの取り付け部)を採用したミラーレス一眼は、「マイクロ一眼」とも呼ばれます。以上3機種の違いは、下表のようになります。

デジタルカメラ3種のメリットデメリット    
   コンパクトデジタルカメラ  デジタル一眼レフ  ミラーレス一眼
 重要・本体サイズ
小柄で携帯性抜群

 

大きくて重い


 

レンズを外したボディは、小型軽量

 
 レンズ交換 ×
できない


 

できる。レンズの種類も多彩

 

できる。レンズの種類は、一眼レフに比べると少ない
 写真の仕上がり
暗い場所では、ノイズが出やすい

 

キレイ。暗い場所でもクリアに撮れる。

 

一眼レフには劣るが、コンデジよりは格段にキレイ
 価格
安価


 

高価


 

コンデジより高く、一眼レフより安い

 
 色・デザイン
多彩


 

基本は黒だが、最近はカラフルなものも登場

 

女性向けのデザインも多彩に揃う

 
 操作性
簡単


 

多彩な撮影が可能な分、操作も複雑

 

液晶に表示された説明にしたがうだけで、一眼レフより簡単
 バッテリーの消耗
消耗が大きい


 

消耗が少ない


 

消耗が大きい


 
 オートフォーカスの
 速度

撮影素子をAFセンサーとするコントラストAFを採用。ピント合わせに時間がかかる

AF専用センサーによる位相差AFを採用。高速でピント合わせが可能

 

コンデジと同じコントラストAFだが、最近は高速化が進む

 
 ファインダー ×
ない(一部機種では電子ビューファインダーを搭載

 

ある


 
×
ない(一部機種では電子ビューファインダー搭載)

 
 液晶モニター
ある




 

液晶は撮影後の画像確認用。最近は、コンデジのように液晶を見ながら撮影できる「ライブビュー機能」搭載機種も増加

ある




 
 動画撮影
動画に力を入れた機種も登場

 

最近は、ほとんどの機種でHD動画撮影が可能に

 

各社、ミラーレス一眼の動画撮影には特に力を入れている

そもそも、ミラーレス一眼の「ミラーレス」とは?


「ミラーレス」とは読んで字のごとく「鏡がない」ということ。
一眼レフは、レンズから入った映像をカメラに内蔵されたレフレックスミラー(反射鏡)で反射させてファインダー(カメラ上部の覗き窓)に映し出す仕組みなのに対し、ミラーレス一眼ではこのミラーを排除(右図参照)。コンデジと同様、イメージセンサー(右図では撮像センサー)がレンズからの映像を電気信号に変えて液晶モニターに表示させ、その画面を見ながら撮影します。そのため、一眼レフに比べわずかですが、実際の映像とはタイムラグが生じます。
また、ミラーレス一眼には一部にファインダー内蔵あるいはオプションで着脱が可能な機種もありますが、液晶モニターと同じくイメージセンサーにより捉えられた映像のため、やはりタイムラグが生じます。そこで、液晶モニターの欠点(晴天時に見づらい、ピントが確認しづらい、手ぶれしやすいなど)をカバーするため、電子ビューファインダー搭載機種を選ばれる人もいます。
ただ、いずれにしてもミラーレスの最大の特長は、コンパクトで扱いやすく、かつ価格も安いということ。それが、女性を中心にファンを急増させている最大の理由です。

Panasonic 「LUMIX(ルミックス)GF5」

ミラーレス一眼を選ぶポイント

1.画素数よりも撮像素子
高画質な写真を撮るために重要なのが、画素数と撮像素子。
画素とは、画面を構成する色情報を持った点のことで、これが多い=画素数が大きい方が画像がよりきめ細やかになります。ただし、最近は価格の安いコンデジでも500万画素以上が当たり前になってきています。
こうした背景を踏まえ、最近各社が力を注いでいるのが撮像素子の開発。この撮像素子とは、イメージセンサー(CCDやCMOSとも呼ばれる※1)のことで、アナログカメラに例えるとフィルムに相当する部分です。同じ画素数ならば、撮像素子の面積が大きいほど画質がよく、高感度撮影なども簡単になります。しかし、撮像素子が大きいとボディも大型化するため、コンパクトが売りのミラーレス一眼の撮像素子は、一眼レフよりは小さいのが一般的です。
※1)CCD、CMOSはイメージセンサーの種類。両者の画質に差はないが、CMOSの方が消費電力が少なく、高速に処理できるなどの特徴がある。PanasonicやOLYMPUSでは、CCDとCMOSの良さを取り入れた「LiveMOS」を採用。

2.自分が「何を重視し、どう使いたいか」で選ぶ機種が変わる
このような特長を持つミラーレス一眼ですが、画像よりも軽量サイズを優先させた機種や、ボディは大きくても画質にこだわったタイプ、さらにマニアックな撮影ができるフィルター機能やタッチパネルを採用した機種、ビデオカメラに匹敵する高性能な動画撮影機能を搭載したタイプなど、実にさまざまな機種があります。要は、何を優先させるかを考え選ぶのがベストです。

3.より本格的な作品作りに挑戦するなら、レンズの種類にも注目
ミラーレス一眼は、小型化のためにマウント(レンズの取り付け部)の規格も独自設計になっており、基本的に一眼レフのレンズは使用できません。そのため、各ミラーレス一眼の機種ごとに用意されたレンズを使うことになり、レンズの種類がどのくらい充実しているかにも選択ポイントに。なお最近では、異なるマウントのレンズが装着できるマウントアダプターも増えてきています。

■ミラーレス一眼を扱うメーカーのサイト一覧

Panasonic

Canon

OLYMPUS

SONY

Nikon

FUJIFILM

EPSON

Leica

PENTAX

RICOH

「シングルミックスな暮らし」のための情報集めを!

住まいを考える

快適な暮らしを送るために、まず検討しておきたい「住まい」。夫婦のほどよいつながり感とお互いの自立を融合させるベストな間取りなどを考えます。
 

くわしくはこちら

家事・家計を考える

ご夫婦で過ごされる楽しみも共有していくためには、家事の分担や家の管理が大切になってきます。そんな日常のポイントとノウハウについて考えます。
 

くわしくはこちら
関連情報

「シングルミックス」が
よくわかる本

「シングルミックス」というライフスタイルがより深くご理解いただける右の「本」をご用意しました。
関連リンク
ページTOP